スカイマークは非常に安く利用出来る運賃になっているのですが、キャンセルや払い戻しなどについて気になりますね。
安い分、そのあたりが不自由じゃなくなってしまうのではないか、という疑問に答えていきましょう。

取消料と払い戻し料について

スカイマークでは、それぞれ予約していた航空便に乗る事ができなくなった場合、キャンセルをしたり航空便の変更をする事が出来るのですが運賃によっては手数料がかかる場合があるんですね。
そして、この時にはそれぞれ取消料と払い戻し料という物がかかってくるのですが、これらはそもそもどんな違うのかという事がわからない人も居るのではないでしょうか。
この2つは、違うシステムの料金になっていますのでそれぞれ解説をしていきましょう。

どんな違いがあるのか

取消料、というのは航空券を購入する際に自分が座るはずの座席の予約を取り消す際にかかるキャンセル料のことですね。
席の予約というのは乗らなければいいや、という物ではなく空席の有無は航空会社にとっても大きな経済的影響があるので、無料でキャンセルは出来ない事があるんですね。
そして、払い戻し料というのがキャンセルをした航空券の代金を返してもらうことなのですが、これも当然キャンセル料のような形で手数料が発生するのですがこれに該当します。

料金は普通運賃以外はかかる

基本的に、スカイマークは普通運賃はキャンセルや変更などは搭乗日の前でなければ出来るのですが、それ以外の運賃の場合はある程度お金がかかってしまいます。
また、払い戻しの場合は必ず払い戻し料がかかってしまいますので、注意しましょう。
払い戻しは特に、締め切りという物がありますので早めに手続しましょう。

関連する記事