スカイマークの前割りシリーズのキャンセルについて

スカイマークは、普通運賃がキャンセル料がかからないのですがその場合、運賃がスカイマークの場合は普通運賃は一番高い物なんですね。
なので、キャンセルなどの事を考えなければ他の運賃の方が安いんです。
その代わり、キャンセル料がかかってしまうんですね。

前割りシリーズの利用について

スカイマークには、前割りシリーズと言って出発日の規定の目前まで購入する事が出来る割引運賃という物があります。
それぞれ前割7、3、1という物があって数字は出発日までの日数を示している物です。
当然、数字が大きい物は出発日よりも早く締め切ってしまうわけですからその分、早期購入が必須となってくるので、運賃事態も安くなるというシステムになっているんですね。
なので、数字が大きい物ほど安くなるのですがキャンセルなどのをした場合の融通の利かなさという物がついてきます。

キャンセルはすべて有料

基本的に、前割りシリーズは大体有料になっていることが多いのですが搭乗時刻の前の時間だと、2000円から3000円。
出発時刻を過ぎてしまった場合は、普通運賃と同じくらいの手数料がかかるようになっています。
払い戻しの手続きは、普通運賃と同じ価格と同じ締切扱いになっていますので、そのあたりはそこまで条件は変わらないんですね。
割引の額は大きくはないですが、その分多少融通が利く特徴があります。

前割りシリーズの利点

キャンセルは有料とは言っても、普通運賃とそこまで変わらない融通が利くという利点もありますので、非常にオススメかつオトクな運賃になっていますね。
座席数もある程度安定しているため、購入しやすくて普通運賃よりも多少は安くなりますので、購入しやすいシリーズです。

関連する記事