昨今、航空機は非常に利用しやすくなっておりちょっとした工夫で安く利用する事が出来るというメリットがありますね。
そして、その中でもいわゆる日本の航空業界にもLCCと呼ばれる格安航空会社が参入しているのですが、その中でも何かと話題になっているスカイマークについてを紹介しましょう。

格安航空会社のスカイマーク

スカイマーク

日本の航空会社といえば、やはりANAやJALなどが有名ですが元々そういった国内シェアの会社が企業独占されていたこともあってチケットが非常に高額で使いづらかったんですね。
しかし、規制緩和によって日本の航空業界にもLCCが多数新規参入した事で、航空会社業界の中でも価格競争が起こるなどして値段の低下が始まっているんです。
特に、その中でもLCCは正規運賃が非常に安くて利用しやすいという特徴があるのですが、安い分どうしても融通が利かなかったり利便性が損なわれているようなところもデメリットもあるんです。
さて、肝心のスカイマークなのですが確かに大手航空会社と比較すると、やはりサービスの内容など、安い分質が落ちてしまう、という部分もあるにはあるんですね。

スカイマークのキャンセル料について

格安航空機

そして、一番気になるところと言えばやっぱりキャンセルについてですね。
大手航空会社の正規運賃の航空券であれば、予約していた日に何らかのトラブルが合ったりする場合、席をキャンセルして払い戻しをしてもらう事が出来るなどの保証がついているんですね。
しかし、格安航空券などになったり早割を使ったりすると、キャンセルが出来ないので払い戻しが出来なかったり、キャンセル料金がかかってしまったりするんですね。
さて、スカイマークのようなLCCの航空機ではキャンセル料というものが発生するのかどうかが気にあんる所ですね。
しかし、実はスカイマークはその辺は普通運賃の場合は大手航空会社と同じように予約便の変更やキャンセルなど自由にすることが出来るんですね。
例え、使用しているのが格安航空会社であってもそこの会社の普通運賃を利用すれば、ちゃんとキャンセルも変更もする事が出来るのでキャンセル料なく払い戻しなどをすることが出来るのです。
ただ、出発時間の前の話しになっていますので出発時刻を過ぎてしまってからキャンセルを申請する場合は、4000円から8000円くらいのキャンセル手数料がかかります。
更に、払い戻しの場合には500円の手数料がかかってしまい、手続きの締め切りがあって出発日から10日までしか有効ではありませんので、注意が必要ですね。

スカイマークの普通運賃について

スカイマークに乗る

キャンセル料の事を考えれば、スカイマークを利用する時はキャンセルする可能性があったり便の変更が必要になることがある事を見越すのならば普通運賃で利用するのがいいですね。
ただ、スカイマークは格安航空会社なので普通運賃であっても大手の航空会社の普通運賃と比較すればかなり安いんですね。
なので、ある程度日程の変更などがまだ予見される場合は普通運賃の方が何かと安く利用しやすいです。

スカイマークのキャンセル料

スカイマーク機体
基本的には、普通運賃であればかからないのですがやはり前割りなどの割引系のチケット購入だったりすると、キャンセル料などがかかってしまうこともあります。
キャンセルは、何をするかもそうですがいつするかによっても変動しますのでチェックしておいたほうがいいでしょう。
何事もある程度準備をしておくことです。

スカイマークのご予約

スカイマーク最安値検索をするならエアトリ!
予約の変更・キャンセル・払い戻しに関してのご説明に関しても記載しています。
スカイマーク予約
https://www.airtrip.jp/sky/